建設業許可は必要じゃない場合もあります。 - 【けんたく専門!建設業許可申請情報サイト】

【建設業許可申請情報サイト】建設業許可申請(新規・更新)、宅建業免許(新規・更新)、測量業登録(新規・更新)申請は《けんたく専門!》千葉県の原行政書士法務事務所へ【建設業許可申請情報サイト】《けんたく専門!》千葉県 原行政書士法務事務所へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建設業許可は必要じゃない場合もあります。

千葉、習志野の建設業許可・宅建業許可申請専門(けんたく専門)の行政書士、原 宗治です。

今日は私の誕生日です。もういい歳になっちゃいました。^^;
朝起きると、子供達が 「パパ、お誕生日おめでとう!」って言ってくれて。
思わずウルっときちゃいました。

この子達のためにもしっかりお仕事していかなくてはいけません。
もちろん、お客さんのためにも!

そういったわけで、建設業許可申請のご用命の際は、是非よろしくお願いいたしますね。^^;

千葉習志野 建設業許可申請ブログ記事ここから

今日は、「建設業許可は必要じゃない場合もあります。」 についてです。

建設業の種類について書かせていただく予定でしたが、先にこちらのお話から。

「ウチの亡くなったおじいちゃんは大工さんでしたが、建設業許可なんて持ってませんでしたよ。」

こんな話、よくあります。
もちろん大工さんのお仕事も建設業の種類の中に、大工工事業として分類されています。
ではなんで、おじいちゃんは建設業許可を持っていなかったんでしょうか?
もしかして、法律違反の無許可営業者?

おそらく違うでしょう。建設業許可というのは、
工事の規模や金額によって、必要、不必要に分かれるのです。

今回は不必要な場合の、もっとも該当する要件をお知らせいたします。

簡単です。

「一件の請負代金が500万円未満のお仕事をするなら、建設業許可はいりません。」

本当はもうちょっと線引きや例外があるのですが、これが基本です。

要するにおじいちゃんは、請負代金500万円未満のお仕事をしていたわけですね。
一般的に個人の大工さんは建設業の許可をとってない場合が多いです。

家一軒の建設には500万円を越えるお金が動くことは普通にありますが、
基礎部分は基礎工事屋さんと、屋根は屋根工事屋さん、配管は管工事屋さん…
それぞれの工事屋さんにお金は割り振られていくんですね。


そんなわけで、おじいちゃんは建設業許可は、必要ないのでした。


明日からは、上にも出てきたような建設業の種類のお話に入らせていただきたいと思います。

千葉習志野 建設業許可申請ブログ記事ここまで

…私も世間では「油の乗った歳」そう言われるような世代になってきました。
今年は大きく躍進して、大活躍したい…。そんな夢を描いています。

ですからみなさん、建設業許可申請のご用命の際は、是非よろしくお願いいたしますね。^^;




千葉習志野の建設業許可申請情報サイトよりお知らせ 【けんたく専門!建設業許可申請情報サイト】建設業許可申請(新規・更新)、宅建業免許(新規・更新)、測量業登録(新規・更新)申請は千葉習志野の原行政書士法務事務所へ
スポンサーサイト
【けんたく専門!建設業許可申請情報サイト】建設業許可申請(新規・更新)、宅建業免許(新規・更新)、測量業登録(新規・更新)申請は千葉習志野の原行政書士法務事務所へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。